ちょっとキモイ江頭2:50

ちょっとキモイ江頭2:50

 

江頭2:50がテレビ番組に出演するときは、決まって、上半身裸に黒スパッツ姿がトレードマークとなっている。いつも同じ黒スパッツを着ているように見えるが、実は、数多くの種類があるのだそうだ。

 

このフィギャは、かなりインパクトがあるので、見ている人を和ましてくれると思います。しかし、江頭さん自身の芸風がかなり、偏っていて、はちゃめちゃな破天荒なところがあるので、一部の人には全く理解できないところもあるので、注意が必要です。

 

 

私は、見ているだけで楽しめるフィギャが好みなので、その人となりは、あまり気にしません。

 

この「江頭2:50フィギャ」は、ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュアです。商品の発売予定日は2013年6月30日で、現在、予約受付中。発売までかなり時間があるので、気を長くして待っていましょう。

 

 

 

「もっと知りたいフィギュア」トップページへ戻る

エガちゃんのこと

 

江頭2:50さんは、本名が江頭秀晴(愛称、エガちゃん)で、1965年7月1日生まれ。芸能事務所大川興業に所属している日本のお笑い芸人。しかも、大川興業の筆頭株主。血液型はB型で、身長178cmで体重60kg、体脂肪率6%。エガちゃんの体系を見れば、体脂肪率の凄さは一目瞭然です。

 

江頭2:50さんの「2:50」が何故付いたか

 

何でも、「バッテン江頭」の芸名を名乗っていた時に、夜中に酒を飲んでは暴れだし、ゲイキャラになっていたのだそうだ。その時間がいつも決まって2時50分頃からというところから付けられた。

 

 

大川興業入社したての頃は「店頭公開」というコンビを組んでいたらしい。しかし、いつものゲイキャラが出てしまって、相方に迫ってしまって逃げられた。その後は、コンタキンテと組んで、「タモリのボキャブラ天国」に出演していた。

 

コンタキンテが大川興業を退社してからは、江頭2:50はフリーとなって、ピン芸人をして現在に至っている。(エガちゃんの情報は、Wikipediaから参考にしました。)

 

 

 

「もっと知りたいフィギュア」トップページへ戻る