figma ゴルゴ13

figma ゴルゴ13とは

ゴルゴ13 フィギュア,ゴルゴ13 画像,ゴルゴ13 アニメ,ゴルゴ13 DS,ゴルゴ13 dvd,ゴルゴ13 Wiki,figma ゴルゴ13,さいとう・たかを,高倉健 ゴルゴ13

ゴルゴ13 フィギュア,ゴルゴ13 画像,ゴルゴ13 アニメ,ゴルゴ13 DS,ゴルゴ13 dvd,ゴルゴ13 Wiki,figma ゴルゴ13,さいとう・たかを,高倉健 ゴルゴ13

 

Max Factoryからゴルゴ13のフィギュア「figma ゴルゴ13」が発売されます。
現在、Amazonで予約受付しています。予定価格は、\3,800
※発売予定日は、2009年8月25日

 

全高:約150mm
対象年齢 : 15才から
男の子向き
(C)さいとう・たかを/さいとう・プロ/リイド社

 

ゴルゴ13とは、言わずと知れたさいとう・たかを氏が描かれた劇画アクション作品名であり、またその主人公の呼び名です。当然のことながら、その人物は架空であり、実際には存在しません。ゴルゴ13は本名をデューク東郷と言い、超一流のスナイパーです。

 

 

 

「もっと知りたいフィギュア」トップページへ戻る


ゴルゴ13とは

ゴルゴ13 フィギュア,ゴルゴ13 画像,ゴルゴ13 アニメ,ゴルゴ13 DS,ゴルゴ13 dvd,ゴルゴ13 Wiki,figma ゴルゴ13,さいとう・たかを,高倉健 ゴルゴ13

この物語は、Wikipediaでは『社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーのテーマは、脚本家が多数に及ぶこともあって、非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、戦争・紛争、ゲリラ活動、テロリズム、麻薬組織など犯罪組織、企業活動、芸術・スポーツなど文化活動、歴史問題・地理問題、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害、果ては超常現象なども題材となっている。』と説明されています。

 

■ゴルゴ13の歴史他
ゴルゴ13については、Wikipediaにいろいろと掲載されていますので、興味深いところを紹介します。

 

・1968年(昭和43年)11月(1969年1月号)から小学館「ビッグコミック」誌で連載が開始
 ※2009年現在も連載中(本誌の他、増刊号にも掲載)
 ※40年超の間ただの一度も連載を休んでいない!
・単行本、文庫本はリイド社から発行。
・リイド社より発行の単行本は151巻、文庫本は122巻(2009年1月現在)。
・収録内容も2008年10月現在リイド社のウェブサイトで説明されている。
・リイド社版とは別に、小学館からは『別冊ビッグコミック ゴルゴ13シリーズ』というB6判ペーパーバックの総集編が売り切りで発売されており、163冊(2009年4月現在)を数える。

 

・さいとう・たかをは、大人向けの劇画作品として、ビッグコミックの創刊に『捜し屋はげ鷹登場』を製作した。
 その2段として、同誌に『ゴルゴ13』が発表された。
・連載開始当初は、『ゴルゴ13』は殺し屋を主人公にした場合のネタが直ぐに切れてしまうだろうと考えて、10話で終了させる予定だったが思いの外、異質なキャラクターが評判を呼んで連載を継続した。
・さいとう・たかをは、『ゴルゴ13』は独り立ちしているので連載を勝手に終わらせられないと話ている。
・1970年代劇画のスタイルを踏襲している。

 

 

 

「もっと知りたいフィギュア」トップページへ戻る