コンポスター 堆肥

コンポスターとは

■コンポスターとは
コンポスター(composter)とは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、
広義的には、家庭の生ゴミなどの有機物を分解し堆肥をつくる生ごみ処理機等のことを言い、狭義的には自宅の庭などに埋め込むプラスチック製の生ごみ堆肥化容器のことだそうです。

 

コンポスターを使うと、ゴミの減量にもなり庭木の肥料にもなるので一石二鳥と言えます。
また最近では、家庭でコンポスターを設置すると補助金をもらえる制度が各自治体にあるそうです。詳しくは、お住まいの市町村にたずねてみてください。

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る

コンポスターの目的と意義

■コンポスターの目的と意義
コンポスターを使う目的は、エネルギーの省力化と生ゴミの減量化と再資源化にあります。生ゴミはほとんどが水分なので、焼却施設で処理を行う場合、水分を蒸発させる膨大なエネルギーが必要となります。

 

各家庭でコンポスターを使い生ゴミを乾燥ゴミにすることにより、このエネルギーを省くことができます。

 

しかし、電動式コンポスター(生ゴミ処理機)を利用する場合は、電気エネルギーを使うことになるので必ずしも良いとは言えない。

 

また、生ゴミのほとんどが水分なので水分を蒸発させれば重量も軽くなる。これを堆肥として使えば、生ゴミの資源としての再利用ができる。

 

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る

生ごみ堆肥化容器

■生ごみ堆肥化容器
庭などにプラスチック製の円柱を埋め込み堆肥を作る容器です。Straight社が有名です。
投入する生ゴミは出来る限り細かく切って入れて攪拌させます。

 

こうすることで、微生物が生ゴミを分解する表面積が広がり接触部分も増えるため効率が上がります。

 

また、生ゴミのほとんどは水分なので水分を良く切ってから投入します。あまりに水分過多になった場合は、おがくずや乾燥した落ち葉を入れ、逆にあまり使用しないで水分不足になった場合は、加水が必要となります。

 

従って、生ごみ堆肥化容器は、保守管理が大変です。

 

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る