お餅取りの方法

お餅取りの方法

お正月になると、お餅を喉に詰まらせてなくなるお年寄りのことがニュースが必ず紹介される。東京消防庁では、お餅を喉に詰まらせて病院に搬送されたのは1〜3日にかけて計31人となり、そのうちの男性7人が死亡したとの発表がされていた。何故、毎年お餅を喉に詰まらせて死亡する人が絶えないのだろうか?お餅が喉に詰まったときの対応策をまとめた。

 

■餅が喉に詰まってなぜ死ぬか?
餅が喉に詰まった場合、餅が気道を塞いでしまうので呼吸が出来なくなる。若い人の場合は、咳をすれば詰まったお餅を排出することが出来るが、お年寄りになると生体反応が鈍くなっているため、自力では中々お餅を排出することが出来ない。そして、この状態が10分以上続き、脳に酸素が供給されなくなると人間は死んでしまう。

 

■餅が喉に詰まったらどうしたらよいか?
とにかく頭を低くさせて、背中をたたいてお餅を出させる。それでもお餅が出ない場合は、喉に指をつっこみ強制的にお餅を取り出す。また、腹部を圧迫して、気道から詰まった物を除去する「ハイムリッヒ法」や胸骨を圧迫する「胸郭圧迫法」などがあるので、試して見ても良いかも知れない。しかし、急を要するため確実な方法で喉に詰まったお餅を取り出したい。それは、「IMG吸引ノズル」を使ってお餅を吸引して排出する。これは、救急隊の人も実施する方法で簡単にできる。

 

■IMG吸引ノズルによるお餅吸引排出
この吸引方法は、IMG吸引ノズルを掃除機の先端に取り付けて喉に詰まったお餅を吸引して排出する。但し、掃除機の吸引力は強いため、自発呼吸が出来なくなる場合もあるため注意が必要だ。

 

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る

IMG吸引ノズル

「IMG吸引ノズル」は、喉につまった餅や肉を吸引する事ができる。家庭にある掃除機にノズルを取り付けて喉に詰まった異物を吸引する。従来の電動式吸引器では、吸い取れなかった大きめの異物も吸引することが出来る。「IMG吸引ノズル」は、救急車が到着するまでの間の応急処置が可能。但し、吸引力が強いため自発呼吸がしずらくなるので注意が必要。

 

■IMG吸引ノズル

 

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る