道の駅とは

道の駅とは

道の駅とは,道の駅,道の駅 新鮮野菜,道の駅 名産品,道の駅 特産品,道の駅 温泉,宗像 道の駅,道の駅 イベント

今年は、シルバー連休で一般道路を初めとして各高速道路も混雑している。上下線とも20〜40キロの渋滞となるのは、初めてのことだ。長時間運転をして疲れた体を癒すのは、休憩所、パーキングやドライブインである。最近、高速道路を利用する人が増えているので、各売り場ではいろいろなイベントや商品の販売で躍起になっている。

 

しかし、シルバー連休はゴールデンウィークの大型連休と異なり、遠出をせずに近場で終わらせる人が多い。その人達のお目当てのひとつに「道の駅」というものがあった。「道の駅」に行けば安くて新鮮な野菜が手に入るとのこと。「道の駅」は、あちこちのテレビや雑誌でも取り上げられている。

 

国土交通省のサイトでは、「道の駅」とは「3つの機能を併せてもつ地方と共につくる個性豊かなにぎわいの場」とされている。
では、この3つの機能とは何だろう。

 

「道の駅」は、自由に立ち寄れることが出来る快適な休憩場所であること。各地域の文化や歴史、名所や特産物などの情報を発信、活用して多様な個性豊かなサービスが提供ができること。さらに、これらの道を介して地域との連携で活力ある地域づくりや個性豊かな休憩場所やにぎわいのある空間となることを目指している。この3つの機能をもつ休憩施設「道の駅」が誕生した。

 

1.休憩機能
2.情報発信機能
3.地域の連携機能

 

最近、地方の特産品や名産品を紹介するアンテナショップというのが話題で、ここでは中々地方にいけない人のために、都会で地方の特産品を購入することができる。この「道の駅」は、それとは対照的に地方に行って実際に地方の名産や特産品を手に入れるだけでなく、その地方の文化や芸術を肌で知ることができる。

 

※上図は、「道の駅」のシンボルマークで、木と駐車場と道路が"道"のしんにょうをイメージしたものとなっている。

 

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る


道の駅マップ

さらに、国土交通省のサイトでは「道の駅」の立地条件とサービスについて説明している。

 

・施設位置
「道の駅」は、休憩施設として利用しやすい場所に設置される。

 

・提供サービス
「道の駅」の駐車場は休憩目的の利用者が利用できる十分な駐車スペースで、清潔なトイレを有し、電話は24時間利用可能で、案内人がいて各種情報を提供するバリアフリーの歩行経路である。

 

・配慮事項
「道の駅」は、年少者、高齢者、障害者等、様々な人の使いやすさに配慮をし、地域の優れた景観を損なうことのない施設である。

 

■北海道「道の駅」マップ
■関東「道の駅」マップ
■東北「道の駅」マップ
■北陸「道の駅」マップ
■中部「道の駅」マップ
■近畿「道の駅」マップ
■中国「道の駅」マップ
■四国「道の駅」マップ
■九州・沖縄「道の駅」マップ

 

※それぞれの「道の駅」には、サービス内容がピクトグラム(下図)で分かりやすく表示されている。

 

ピクトグラム

 

■道の駅温泉情報
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/michi/

 

■国土交通省「道の駅(ROAD STATION)」
http://www.mlit.go.jp/road/station/road-station_outl.html

 

 

 

△もっと知りたい面白生活情報トップページへ戻る