犬語翻訳機バウリンガルボイス

バウリンガルボイスとは

バウリンガルボイスとは、株式会社タカラトミーが2002年に発売し国内外で約30万個を出荷した「犬語翻訳機」をさらに進化させたニューバージョンで2009年8月に発売された。「バウリンガルボイス」は、音声、音響、電波に関する鑑定および研究開発、コンサルティングを行っている有限会社日本音響研究所、携帯電話抜けコンテンツの企画・開発を手がける株式会社インデックスと獣医師達の協力により開発された犬語翻訳機。「バウリンガルボイス」は、首輪に装着できる小型のワイヤレスマイクで犬の鳴き声をキャッチして、その音声データを感情分析システムで6つの感情(楽しい・悲しい・フラストレーション・威嚇・要求・自己表現)をほぼ同時に声紋分析する。

 

分析された結果は、日本語に翻訳されて約200パターンの音声で聞くことができさらに、本体の液晶画面には文字とアニメーションで表示される。タカラトミーは、この「バウリンガルボイス」を使えは、犬と飼い主とのコミュニケーションがより楽しく過ごすことができると述べている。

 

■タカラトミー バウリンガル

 

 

 

△もっと知りたいおもちゃ・玩具トップページへ戻る

犬語翻訳機バウリンガルボイス商品紹介

■犬語翻訳機バウリンガルボイス商品紹介
2002年に発売した初号機「バウリンガル」では、マイクから取った犬の鳴き声を声紋分析して、その結果を液晶画面に文字とイラストで表示しただけだったが、
「バウリンガルボイス」は人間の子供と会話するのと同じ様に、愛犬の顔をみながら会話できるように液晶画面に表示するだけでなく、
音声でほぼリアルタイムの同時通訳が可能になった。また、「るすばんモード」を使えばタイマー設定して、留守中の愛犬の鳴き声の解析データを記録することができる。
愛犬がどんな感情で留守を過ごしていたも帰宅後に知ることが出来る。さらに、愛犬が無くなくても「アクション辞典」で、表情やしぐさから愛犬の気持ちが理解できる。

 

■バウリンガルボイス (グリーン) 

 

商品名 バウリンガルボイス(グリーン)
メーカー タカラトミー
メーカー希望小売価格 19,950円(税込)
発売日 2009年8月下旬(2009年7月16日より変更)
対象年齢 15歳〜
・単3電池2個・単4電池1個使用(別売・三洋電機(株)eneloop推奨)

 

■代引無料+送料無料!! 【予約品】8月下旬発売 バウリンガルボイス ピンク・ブルー・グリーン

 

 

 

△もっと知りたいおもちゃ・玩具トップページへ戻る